当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

从刺身看日本的生食文化

时间:2020-04-27 19:34来源:日语论文
刺身から見る日本の生食文化,日语论文从刺身看日本的生食文化日本は四方を海に囲まれ、新鮮な魚介類をいつでも手に入れられるという恵まれた環境であるため

要旨日本は四方を海に囲まれ、新鮮な魚介類をいつでも手に入れられるという恵まれた環境であるため、魚介類を生食する習慣が残っている。刺身は生食食品の中に最も代表的な料理である。しかしながら、魚介類を生食することにより食中毒や寄生虫に感染する危険がある。筆者は資料を調べ、日本人の魚介類を生食する習慣が残っている原因をある程度理解し、その上で、魚介類を生食するメリットとデメリットと未来の発展について考察した。日本人は自然を崇拝し、さらに漁業の発達のため、古くから魚貝類などを生食する習慣があり、生食は神聖なことだと思われている。古代の環境はよくて汚染は殆どなかったため、生食は体に殆ど影響がなかったが、現在生食することは健康に悪い場合もある。しかし古来の自然崇拝のため、日本人は生食することを汚いことと思っていない。生食はもう日本人の生活や文化と深く係わっているので、この習慣は多分そのまま残っていくであろうと思われる。

摘要日本因为四周都被海所环绕,拥有随时都能捕到新鲜海鲜的自然环境。所以日本留有生吃海鲜的习惯。生鱼片是日本非常具有代表性的料理。但是,生吃海鲜也存在失误中毒和感染寄生虫的危险。通过资料的调查,对日本人生吃海鲜的原因获得了些许了解,下一步笔者想通过本论文对生吃的利弊以及刺身料理未来的发展进行考察和研究、日本人因为对自然的崇拜,加之鱼类贝类行业的发达,从古至今都有生吃鱼贝类的习惯,他们认为生吃是一件神圣的事情,古时候的日本几乎没有什么环境污染,生吃也不会对身体造成大的问题,但是在现代,生吃虽然能够保证食物的鲜美,但是不能保证身体的健康,但是由于自然崇拜思想的根深蒂固,加之日本人视生食为洁净之物的思想,已经渗入到了日本人的生活了文化中,由此笔者认为无论环境怎么变化,这个习惯也会一直保留下去。58227

キーワード:刺身; 生食;将来性

毕业论文关键词:生鱼片; 生吃; 前景

目  次

1.はじめに1

1.1刺身とは…1

1.2先行研究…1

1.3本稿の目的と方法…2

2.刺身2

2.1刺身の起源3

 2.2刺身の種類4

 2.3刺身のツマ4

3.魚介類を生食する習慣が残っている原因5

 3.1島国地理的原因5

 3.2歴史的原因6

 3.3宗教思想の影響6

 3.3.1儒教思想の影響…‥…6

 3.3.2仏教からの影響…‥…7

4.魚介類を生食するのメリットとデメリット …8

 4.1魚介類を生食するのメリット‥…8

 4.2魚介類を生食するのデメリット…‥…9

5.刺身の将来展望…10

 5.1海洋汚染の影響10

 5.2世界の料理に取り込まれる刺身…11

6.終わり… 13

注  釈… 13

参考文献… 14

謝   辞… 15 

 1.はじめに

 日本人は魚食民であるとよく言われている。日本では、寿司や刺身などの魚介類を生食する習慣がある。刺身は生食の非常に代表的な料理である。日本の刺身は日本でのみ人気があるのではなく、また、各国の料理にも取り入れられることとなった。1980年代になると、日本料理は欧米などでも流行し、各国の料理にも影響を与えるようになった。しかしながら、魚を生で食べると食中毒や寄生虫に感染する危険がある。日本では、寿司や刺身などの魚介類を生食する習慣があるため、諸外国に比べてアニサキスによる消化器疾患が多く、年間500~1,000例の発生があるとされている 。また、外国などでも、不適切な材料を刺身として提供された場合は、食中毒や寄生虫に感染する危険もある。 从刺身看日本的生食文化:/riyu/lunwen_50625.html

------分隔线----------------------------
推荐内容