当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

日本女性就业情况变化研究

时间:2020-04-27 19:49来源:日语论文
20世紀80年代から日本女性の就職状況の変化について,日语论文日本女性就业情况变化20世紀70年代から、日本は少子高齢化社会に入った。労働人口が減少すると同時に、老人介護の負

要旨20世紀70年代から、日本は少子高齢化社会に入った。労働人口が減少すると同時に、老人介護の負担も増えている。これを背景にして、日本の女性が家を出て社会に入り、仕事をするということが重要な意義を持つようになった。しかし、日本の社会は、まだ男性が中心で、女性はなかなか自分の考え通りに就職できないのが現実だと言える。だが、男性中心の日本の社会も、少しずつ変わりつつある。少子高齢化の進展につれ、女性向きの仕事も増えている。グローバル化の進展もあり、海外に長期滞在して働く日本人が増加しており、そのうち、女性の占める割合も上昇傾向にある。女性が均等に取り扱われている職場であるほど、女性のキャリア意識が高い。企業が男女均等の職場の実現に努力すればするほど経営業績が良いという関係も見られる。結婚しても出産しても、ずっとキャリアアップを目指したいという女性が年々増え続け、社会で活躍している女性の特集や記事もよく見かけるようになった。これからは、さまざまな仕事に女性の存在は欠かすことのできないものになってくると考えられる。58236

摘要日本自20世纪70年代以来就进入了老龄化社会。随着劳动人口的减少,照顾老人的负担也随之不断增大。在此背景下,日本的女性进入社会,从事社会工作便变得意义非凡。但日本社会的现状可以说仍然是以男性为中心,女性们大多很难如愿地就职。不过,以男性为中心的日本社会至今也在逐步发生变化。伴随着老龄化与少子化,面向女性的社会工作也在不断增加。由于经济不断地全球化,长期留在海外工作的日本人增加,女性在社会工作中所占的比重也有了上升的倾向。越是能平等对待女性的职场,女性的职业意识就越高。由此可见,一个公司越能创造一个男女平等的职场环境,就越能取得良好的业绩。即使是结了婚生了孩子,也一直追求职业理想的女性不断增加,在社会各行各业活跃的女性的记事也随处可见。从今以后日本社会各职各业都将越来越离不开女性。

キーワード:日本女性;就職状況;変化;現状;日本女性の活用

毕业论文关键词:日本女性;就业状况;变化;现状;日本女性的活用化

 目次

はじめに 1

1.20世紀80年代からの女性の就職状況と社会背景 1

1.1 女性の就職状況 1

1.2  社会背景 2

2.ウーマノミクスと女性の活用 3

2.1ウーマノミクス 3

2.2女性の活用 4

3.安倍政権の成長戦略と女性の就職率の向上 4

4.現在の職場の男女差別と女性の就職の問題点への提案 4

4.1女性の就職の問題点 4

4.2提案 5

4.2.1企業への提案 5

4.2.2政策への提案 6

5.おわりに 6

参考文献 8

注  釈 9

はじめに

女性の就職問題は、現在の日本政府が力を尽くして推し進めている日本社会のホットな話題である。これまでに、中国と日本国内では、多くの日本女性の就職状況についての研究が行われてきた。例えば、西村智の「日本就業支援政策の効果」、若林満の「女子大学生の職業意識とライフスタイルに関する日米比較」、畢雅萌の「日本の少子化と女性就職の関係」、前田尚子の「戦後日本における産業化の多系的展開と女性就業」、小崎敏男の『女性就業の多様化と少子化「特集多様化する日本の就業構造」』などである。しかし、問題解決については十分に検討されているとは言えず、最近の安倍政権の成長戦略についての研究も十分に行われているとは言えない。本研究は、20世紀80年代からの日本女性の就職状況及び社会背景を、安倍政権の成長戦略と結びつけ、現在の日本女性の就職の問題点を究明する。 日本女性就业情况变化研究:/riyu/lunwen_50636.html

------分隔线----------------------------
推荐内容