当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

《人间失格》的女性形象太宰治的女性观

时间:2020-04-27 20:39来源:日语论文
太宰治の女性観へのアプローチ『人間失格』の女性形象をめぐって,日语论文《人间失格》的女性形象太宰治的女性观

要旨太宰治は昭和時代初期に活躍していた無頼派の代表作家であり、近代文学史においでは重要な位置が得している。太宰治は奇矯的な作家として知られ、波乱に富んだ一生を送っている。中でも『人間失格』は太宰の最後の作品であり、そして作家の自伝小説であるとも言われているので、作家の心理状態をよく理解するのに有用であると思われる。したがって、本論文ではこの作品に登場する女性像中心に作家の持つの女性観の研究を試みる。58260

キーワード:太宰治; 自伝小説; 人間失格; 女性観

摘要众所周知,太宰治是昭和时代十分有名的无赖派作家,同时在近代日本文学中占有重要的地位。太宰治作为一个言行奇异诡谲的作家为人所熟知,拥有跌宕起伏的一生。《人间失格》是作家的最后一部作品,同时也因为被认为是自传小说,所以笔者认为也许会对更加准确理解作家的心理有帮助。因此,以围绕这部作品中出现的女性形象来研究作家的女性观。

毕业论文关键词:太宰治; 自传小说; 人间失格;  女性观

目次

1.はじめに 2

1.1先行研究 2

1.2研究の方法 2

2.『人間失格』に登場する女性像 2

2.1軽薄な女性 2

2.2強い女性 2

2.3義侠の女性 2

2.4単純な女性 2

3.太宰治の女性観、理想的な女性と原因 2

3.1.1太宰治の女性観 2

3.1.2太宰治の理想的な女性像と形成の原因 2

終わりに 2

1.はじめに

太宰治は昭和時代初期に活躍していた無頼派の代表作家であり、近代文学史において重要な位置付けがなされている。太宰治は奇矯的な作家として知られ、波乱に富んだ一生を送っている。三十九年の生涯で、四回の自殺未遂や心中を繰り返して、一九四八年に玉川上水で山崎富栄とともに心中を遂げた。太宰治は一生涯の間に色々な小説を書き残した。代表作としてよく知られているのは、『人間失格』、『斜陽』などがある。太宰は常に女性を書き続けた作家でもある。現実でも多くの女性と関係を持ち、作品の中でもあらゆる女性像を作り上げた。いったい太宰は女性に対してどのような考えを持っていたのか。これは非常に面白く研究に値するテーマではないかと考える。

1.1先行研究

上述のことを明らかにするために、あらゆるの資料を調査した。太宰やその作品については多くの研究なされている。たとえば、自殺の原因について、女性独白体について、女性観についてである。

中国国内においては、中国海洋大学の高麗が、修士論文「太宰治の女性観――女性独白体作品を中心に」の中で作家の特徴的な女性独白体に基づいて、作家の生きた時代の特徴と成長環境も加え、さらに作品に登場する女性像を分析して作家の女性観 を研究している。また、中国海洋大学の謝冰欣は、修士論文「『人間失格』研究--大庭葉蔵の心理様態をめぐって」の中で作品の位置づけと自伝性、作品論、作家論、人物像論の観点から提示されている主な見解を取り上げ、それらを参照しつつ作者の見方 を述べた。黒龍江大学の王えいは論文「エディプスコンプレックスが太宰治の文学に与えた影響」の中で、太宰の母は病弱で自身が乳母に育てられた経験から『津軽』などの作品には、慈愛的な母親がよく登場する と述べた。さらに、蒋秀は論文「『人間失格』から太宰治の心を臨む」の中で、主人公大庭叶蔵が作者の太宰自身として、大庭の行為から太宰の心理状態を推測して、太宰の心理には絶望と孤独という特徴が有る と述べた。 《人间失格》的女性形象太宰治的女性观:/riyu/lunwen_50671.html

------分隔线----------------------------
推荐内容